HOME>アーカイブ>エコジョーズ導入のデメリットってある?徹底解説

エコジョーズは交換も必要?その費用も併せて徹底解説!

エコジョーズは、約10年を目安に交換が必要です。1台20万円前後の本体代金と作業料金等が別途発生します。

エコジョーズのデメリット

定期メンテナンスが必要

内部が高温になるため、定期的なメンテナンスが必要です。

実は簡単に故障しやすい

保証期間が過ぎたころに老朽化等で故障しやすくなります。

ドレン排水工事が必要

ドレン排水が発生するので、専用の排水配管工事が必要です。

設置場所を選ぶ必要あり

下水口に近い場所や雨水をしのげる場所に設置が求められます。

ドレン排水の中和器の寿命あり

環境破壊の可能性があるので、中和器は10年毎に交換必要です。

給湯器脳だけではない機種もある

給湯器

エコジョーズの特徴としては、一度お湯を温めた熱を再利用し、再び水を温めるエネルギーにすることを指しますが、その種類は多岐にわたります。フルオートとセミオートといわれるように、機能によって違いが出てくることが多いです。セミオートの特徴としては自動湯張り機能、自動追い炊き機能が含まれています。フルオートの場合はセミオートの機能にプラスして、自動足し湯、自動配管掃除が含まれていることが多いです。機種によって多少違いは存在しますが、使用する機能によって選ぶといいでしょう。また、浴室暖房乾燥機能や、床暖房機能などがついているものなども多く、利用しやすい機能がついている物を選んだほうが、経済的にもお得となっている為、利用しやすいです。

大家族への節水機能は期待大

修理

どれくらいお湯を使うのか、家族それぞれが使うお湯の量に合わせて、利用する機種は異なるといわれている為、事前に確認をして選びましょう。エコジョーズはお湯を頻繁に使う大家族には大変利便性が高く、給湯能力が高く節水機能が期待できる機種として、高い人気を誇ります。

給湯器の特性を知ってから買う

給湯器

家族でお湯をどの程度頻繁に使うのか、シャワーを浴びる時どの程度水を無駄にせずお湯として使えるのかなどを確認して利用することが、エコジョーズに必要です。比較的お湯を作り出す能力が高いといわれていますが、シャワーだけではなく、浴槽にお湯をためて使ったほうが節水などの効果が高い機種であるため、参考にしてください。

広告募集中